近所の川に水位計がとりつけられています。

以前近所の川が氾濫してかなり被害が出ました。それ以来川のいろんなところに水位計が取付けられました。これは役所のコンピューターと連動式になっており水位が自動的に記録され危険なレベルになると役所のコンピューターが感知するようになっているそうです。そして危険レベルになると避難勧告ができるようになっているわけです。以前の川の氾濫でかなり被害が出たために役所への非難が起こりました。それで対策が取られたようです。その結果最近では雨がかなり降り川の水位が危険だと感じる頃には消防が出て避難勧告がすぐに出るようになりました。したがって万が一の場合、水害による家の被害は防ぐことができませんが人が水害によって亡くなると言う危険性はかなり減っています。このようなシステムを取り入れている自治体は増えているそうです。結果かなり人的被害は以前に比べて減っているのではないかと思わます。

水位計というのは水位を測定するための計器です。

水位計というのは河川の水の量や地下水、貯水池等の水の量を計るための計器です。日本は一年を通じて、いろいろさまざまな気象の変化に大きく左右され、悩まされたりします。特に梅雨の時期や夏場の台風の時期、秋の長雨の時期等は大雨の影響による大きな災害も多くなるため、河川等が増水した際の氾濫に備えて、水位の計測は不可欠になってきます。種類としては複数あり、簡単なもので言えば、量水標や量水板があり、これらは機械の知識が乏しい人でも簡単に水位を読み取ることができます。その他としては、電源が不要であるために災害に強いとされるフロート式水位計、精度も高度で値段も高額なものになると水晶式や超音波式の、専門の業者にしか扱えないようなものがあります。水害が急増している我が国ではこういった水位計を存分に活用して、もっともっと災害に備えていかなければならないでしょう。

水位計にはどんな特徴があるか

昔の時代から物を測定する技術が必要とされてきました。測量の技術が発達したために、建造物や地図と言った物を精密に作ることができます。測量に使われる機器の一つに水位計があります。文字通り水の深さを計るために使われます。主に上下水道や海の深さを計るために使われます。場所によっては井戸の深さを計るために使われることもあります。水位計の種類は豊富で、電気を使って計る物から水圧を利用して測る物まで様々です。水に入れるという都合上測量に使うセンサーは防水加工されている物がはとんどですが、過信することはできません。例えば海の深度を計る場合は海水に含まれる塩分によって普通の水よりも早く劣化が進行します。測量中に破損するということも珍しくありません。最近はそれなりに劣化を抑えられるようになりましたが、ある程度使いこんだら定期的に新調する方がいいでしょう。

長時間の計測や、離れた場所を測りたい場合に使える転倒ます型雨量計は公共機関でも使用されています。 風や光を測る気象観測のグッズを販売しています。 ホームページで天候のライブ情報を掲載するなど、趣味で気象観測をする人も増えています。 土壌水分計は、土の中に含まれる水分量を計測できます。 種類の多い風量風速計の中でも、風杯型風向風速計や風車型風向風速計が多く利用されています。 長期記録が可能な水位計をご案内しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*