水位計の測定方式の種類

水位計には河口や地下水、湖沼、海などの水がある場所や上下水道、工業や農業、工場などの場所で使われる種類がありますが、さまざまな場所で使うためには測定方式も必要になります。水圧式や超音波式、電波式、フロート式など多種が存在しています。それぞれの測定方式には個々の特徴を理解して使用しないとトラブルに見舞われる可能性があることから、注意をちゃんと読むことが大切になります。水位計の測定方式の種類には水中に投げ込んで水圧を測る際に使用する水圧式や水面上から接触させずに水位を観測する電波式があります。また、測定対象面に向けて超音波パルスを発信してエコーが戻って来るまでの往復時間を測定して距離を求める超音波式もあります。水面と接触したフロートの上下移動を捉えることで計測を可能にするフロート式があります。水位計の測定方式の種類は理解して使用することが大切になります。

災害予測や予防に重要な計測器の一つ水位計

最近の日本は地震や台風、火山の噴火や洪水などというような、自然災害に見舞われることが多く国民一人ひとりの防災に関する意識は、高まりつつあるようです。そういった中に於きまして、重要となってくるポイントとして挙げられますのは、災害を未然に防ぐ事や、災害発生時の被害を最小限度に食い止めるという、予防や予測といった分野であると考えられます。そして、予測や予防の正確性を上げる物として、無くてはならないものは水位計などをはじめとする、計測器を利用したデータ観測に他ならないと言えるでしょう。先ごろの大雨による水害などにより、今後更に危険な状況に陥る可能性がある場所などもリストアップされていくと考えられますが、計測器や自動観測システムの開発や、地すべり土砂災害対策や水位観測の分野のレベルアップが、大きな課題となってくるでしょう。

河川の水位測定に用いる水位計の特徴

水位計には、センサー部分の原理によって気泡式、フロート式、リードスイッチ式、水圧式(水晶式)、超音波式など様々な種類に分けられます。その中で、河川の水位の計測には主にフロート式、リードスイッチ式が用いられることが多いです。フロート式は、浮きを用いた単純な仕組みであり、電源が不要なことが最大のメリットです。電子機器ではないので他の機器に比べて専門知識がなくても修理が可能です。ただし、導水管のメンテナンスが必要で、目詰まりしてしまうと値がずれる懸念があります。これに対し、より簡単に利用できるのがリードスイッチ式です。まっすぐに設備を設置するところさえ守れば、設置が比較的容易で、結果がデジタルデータとして得られるので測定者による誤差を防ぐことができます。それぞれ特徴や長所・短所を知った上で利用していくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*