意外と身近にある水位計

水位計とは、読んで字のごとく水位を測る機器のことですが、いろいろと種類があることはご存知でしょうか。ドライブの時など、何気に目にしているのが、河川などに設置されている水位標でしょうか。大きな物差しのような形状の簡易的な物です。その他、ガソリンスタンドのガソリンタンク残量を計測するのによく使われている投込式や吊り下げ型、ダムや河川、湖などの水位を詳しく計測する水晶式(光学式)水位計というのもあります。その昔は気泡式という気泡を発生させて水位を測る水位計もありました。いずれにしても雨や融雪などにより大きく変わる水位を定点観測し、日々の暮らしの安全を水害から守る重要な役割を担う、暮らしに密接にかかわる機器です。河川などの定時定点観測は公的機関が民間企業に委託して実施していますが、先に書いた河川水位標の観測は、設置場所の近隣住民個人が主な観測受託者です。

水位計のいろいろな利用

水位計とは、水の高さを測る装置です。湖、海、川などの自然の中で利用したり、ボイラーの水を入れるタンク、上下水の処理システムで利用したりします。一般市民にはあまり関係が薄いように思われますが、遠隔地の水位を測りそれをデータで送ったりすることで、一箇所でいろんなところの水位を測ることができます。洪水などの事前に察知できます。また、この水位計の重要性が一番知られることになったのは東日本大震災での福島第一原発です。原子炉に水は注水されているかどうか、その水位が正しいかどうかです。原子炉が爆発していれば日本の東北地方はほぼ壊滅状態でしたでしょう。その点からすると水の水位を測ることはとても大切なことでした。水位を測ることは自然を知ることはもちろんですが、私たちの生活を影で支える重要な装置であることがわかります。

川などの水位を測る水位計

水位計は、川などの水位を測るための装置で、大きく分けて3種類に分けられます。1つ目は、水中に投げ込む事で水圧を測る事が出来る水圧式や水晶式などがあります。水圧を直接検出して、電気信号に変える事で測定を行います。2つ目は、直接水に触れないで測れる超音波式や電波式があります。超音波などを発信して、水面から反射される音波の時間差によって計測を行います。3つ目は、水面の上にフロートと呼ばれる浮きの様なものを浮かべて、測定をするフロート式などがあります。水面を上下する事で検出信号を出力して、水位変化を測ります。水位計が必要な理由として、大雨が降った時に川の水位を知って川が氾濫しそうになったら、近くに住んでいる人達に伝えて、避難して貰うために測定を行っています。また、工場などで使われている用水タンクは、中にある水の量を知るためにも使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*